2006年2月12日 (日)

きさらぎ賞

2月12日。京都競馬のメインレース、第46回きさらぎ賞は、明け3歳オープン馬のレースで、クラッシックの登竜門として位置付けされています。過去20年前迄は、中京競馬場の名物レースとして開催されていました。このレースの優勝馬、ならび3着迄の馬がダービー馬、皐月賞馬(ネオユニヴァース)菊花賞馬(ナリタトップロード)他にダービー2着馬、皐月賞2着馬、菊花賞馬2着馬など数多くの活躍馬が出ています。  後々名前が残りますので記憶し易い名前の馬が、優勝すると思います。そこで私の予想は、 ◎1番、安藤騎手のドリームパスポート。○3番、ディープエアー。▲7番メイショウサムソン。△アドマイヤメインの順です。 本日、もう一頭の推奨馬は、東京10R、4番ジャッキーテーストの一着は堅いはずです。前走は輸送競馬で体が減っていた為に能力を出しきれなかったようです。今回は、ホームグランドの長い直線で、差し脚が発揮できるはずです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)